So-net無料ブログ作成

感染症の皮膚疾患(3)真菌による皮膚疾患 [国家試験(皮膚)]

試験によって真菌(カビ)という形で出題されます。
ざっくりと憶えることもできますが、ここでは3つのカテゴリーしかありません。
ここで真菌は白癬菌、癜風菌、カンジダのことです。
基本的にこの3つを憶えると疾患名にこの3つの名前がつくので真菌であることがわかります。
もちろん例外とか別名とかありますので、
余裕があればできるだけ例外も憶えましょう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
理容・美容保健 皮膚科学
第6章

真菌による皮膚疾患

白癬菌によるものは体の部分のあとに白癬がつきます。
頭部白癬(シラクモ)、体部白癬(ゼニタムシ)、
股部白癬(インキンタムシ)、足白癬・手白癬(ミズムシ)
余裕があれば、ケルズス禿瘡とか頑癬、汗疱状白癬も憶えたほうがいい。

癜風菌はそのまま癜風(クロナマズ)です。

カンジダによるものはカンジダ性の後に体の部分がつきます。
カンジダ性指間糜爛症、カンジダ性爪囲炎・カンジダ性爪炎、
そしてカンジダ性がつかない例外として
口角糜爛症(カラスのお灸)があります。

白癬、癜風、カンジダとつく疾患名

口角糜爛症(カラスのお灸)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

次回は動物による皮膚疾患と引っ掛け問題について。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。